出会いに感謝する気持ちで言葉を書きます。(地蔵画家 旅人 吉原登)


by muyukobo6969

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0005192_12221174.jpg沖縄で斉藤真紀さん出会ったのもと運命的でした。齊藤真紀さんと出会って学校の話をしたりしているうちに「斉藤先生は私のお父さんですよ。」と聞いてびっくりしました。学校のとき、いつも先生と喧嘩ばかりしていました。8年ぶりの出会いに、嫌な顔を一つせず、担当の先生と再会して、先生が「久しぶりですね。早く子供のお母さんに作品を見せて」とニコニコ顔で話してくれました。8年ぶりに会う先生の最初の笑顔が胸に響きました。齊藤先生との会話して安心しました。素直に言える気がしました。というのは心を隠してしまう安心からで、本当の意味で素直になれている訳ではないのかもしれません。早速先生が教えている3人の子供に似顔絵を描いて言葉も付いてあげました。もっと子供と会話をしてほしかったのですが、会話が出来ず残念です。他の先生に、「齊藤先生、学校のとき、本音のところはどうなんでしょう?」程度の気持ちで質問されました。私は「頑固の先生」と言いました。他の先生は「やっぱりですね。今優しい先生ですね」と言いました。齊藤先生が笑っていました。肝心の先生の声は聞けましたが、「私の先生は家族たがら厳しくしつけ」と言うのは皆同じだなと、改めて感じました。齊藤真紀さんからの島プロニュースメールで「私の生活は沢山の笑顔に囲まれています。自分からもっともっと笑顔を振りまいて、楽しいことをたくさん呼び込める存在になりたいなって思います。」というでした。ともかく厳しくても笑って会話をするのが一番好きです。
先生に対して言葉を送ります。

厳しさを一滴注いだら心に優しさ花が咲きました。ありがとう

まだ私はその先生に感謝の意を伝えていませんので、しっかり気持ちを伝えようと思って出来れば一緒に飲もうね。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-27 12:26
f0005192_22452728.jpg
ロックウェルズ店の下にあるハリーの店へ行き着けです。構えずに、ぜひ居酒屋でなく本格的なBarをお楽しみで酒をのんでいます。ハリーの店ではお部屋に私の作品を飾ってもらっています。私の作品を見て恥ずかしくて又感動しました。白のウィングカラーのシャツに、黒の蝶ネクタイと黒のベストを着ているバーテンダーは2人の美人といろんな話しています。バーテンダーがここは私が一番飲みたい酒をオーダーして様子を見ています。私は「レットアイをお願いいたします。」とオーダーしました。彼女は「昨日は良く飲んでいましたね。誰とデートしたか?」と話しかけてくれます。彼女だったら分かってくれるでしょうね。1人で黙って飲みたいのだろうと思い放置してくれます。バーテンダーはお酒だけを出していればいいという仕事ではないからです。バーテンダーが気をつかって距離をとってくれます。十人十色、お客様によって考え方、感じ方、環境などは様々。人好き話し好きだからこれらはやはりお互いに相談してくれます。みなさんもバーテンダーと一緒に相談してみませんか?
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-21 22:46

ジェイホッパーズ京都

欧州周遊→ユーラシア横断→東南アジア周遊と、バイクに走り倒し遊び倒したジェイホッパーズ京都のオーナー飯田章仁さんと出会って宿で泊まらせて頂きました。f0005192_1835573.jpgちなみに旅人の7割は外国人なのだそうだ。2階はリビングルームになっていて、ここで旅人が旅の話に花を咲かせていました。それから旅人は延々と英語で話し続けました。英語で話すことが久しぶりです。それはどう考えても奇妙な会話でした。外人の方の笑顔は心なしか引きつっているようにも見えました。すごく奇妙な会話だったと思いました。4階のビルで廊下と階段にたくさん写真を飾っています。写真は個性的で人間味あふれる素晴らしい写真です。説明も必要としない、ユーモアな写真を示してくれました。いろいろ写真を眺めながらどんなとこでも面白みとか新鮮さ感動に心惹かれました。「夢への切符を買いました。戻ることはしません。」という詩を書いて飯田章仁さんに渡してあげました。「もう会えないでしょうか?言葉を見て心に響いてしまって涙をでるくらい。」と言いました。「夢が成功したら再会への切符を買います。きっと会えます。」といったら拍手しました。また日本縦断しますので、京都で再会しましょう。飯田章仁さん、ありがとう。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-10 18:06

アキバ系酒人

オタクの聖地とされる東京の秋葉原に行きました。私はもちろんアキバ系のオタクではない。「アキバ系」という言葉が付いてT-shirtのOLの3人とレストランで出会いました。T-shirtはファッションで、美人です。
f0005192_16564715.jpg

実際どういう趣向の人がアキバ系なのかいまひとつわかりません。女の子を見たらとんでもないほど酒を飲んでいると思いましたが、アキバ系の方が酒を飲む人なのでしょう。「なぜアキバがすきですが?」と言ったら、「オタクではないが、アキバが大好き。酒も好き。」とこんなニコニコ笑顔の人は言いました。会社で勤めている3人はストレスが溜まっていて気分転換させてアキバの辺でたまにお酒を飲んでいるらしい。アキバ系のレストランで飲むのも一つの癒しです。お酒をテーマにして言葉を書いてあげました。3人が喜んで、すごく楽しい気持ちになり、嫌な事が忘れられて、別の所へ行ってお酒を飲むようです。やっはりアキバ系酒を飲む人でしょうね。また秋葉原で一緒にのもうね。よろしくね。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-09 16:58

九州児の男

f0005192_1552717.jpg
今年の10月に、博多に中洲っていう屋台がたくさん並んでいる場所があると聞いて行ってみました。福岡・博多は全国的にも確かに有名です。散々迷ってやっと川沿いに10何軒の屋台を見つけました。私が行ったところは、すべて良心的でした。店員は九州児の男で、いろんな会話をしました。屋台によってメニューは様々ですが、「おでん」「焼き鳥」「ラーメン」のうち1~2点がメインになっている事が多いようです。ちなみに屋台では火を通してないメニューはありません。刺身がありませんでした。酔っ払いのおじいちゃんが多くいました。とんこつラーメンは旨くて、会話が弾んで楽しかったのでした。また遊びに行きます。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-06 15:08
似顔絵を依頼したのは初めてのお客様でした。笑顔で答えしながら、ヒトコさんの心境を細かく、踏ん切りを着かせて、私に聞かせてくれました。彼女の夢は「いい家庭をつくること、いいお母さんになること。」ということでした。
f0005192_15551016.jpg
夢の話をしながら絵を描いている時に「似顔絵を描くのが初めてですよ。顔が奇麗ですから、似顔絵を描けないよ。でも、あなたの夢で独特の雰囲気があって似顔絵を描きます。他にもいろんなリアルな感じとかも描けます。あなたに似顔絵なんか描いてあげたら喜ばれるか?怒るか?凄く心配しています。」と言いました。「大丈夫ですよ。」と彼女が言って、ホッとしました。私の心が揺れていました。言葉を書いて彼女からチェックしてもらい、また直してチェックしたり、繰り返してようやく詩も出来上がりました。彼女は気が細かい人柄でしょうね。「結婚で期待してしまうのはまだ早いと思いますが、ゆっくりいい出会いを探して」と言いました。結婚ができたら私に報告してね。来年、また三重で会おうね。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-04 15:57

沖縄の猫

f0005192_20494450.jpg
旅の疲れは帰っても、B69の猫を見ると癒されます。いつも宿のドアのすぐ前で待って一緒に寝ました。夜も、私が部屋で寝ていると猫がやってきて、一緒に寝ていました。もしかしたら猫は私の境遇に気がついていたのかも知れません。
凄く仲良しで、猫と付きあいも円満でした。B69の猫は驚くほどに旅人や私のそのときの空気を読み取ってくれたように思います。疲れているようにしてるとニャーニャーいいながら慰めて、汗をなめて拭いてくれました。猫って人間の気持ちがわかるのかなと思った出来事でした。ペットに癒されるのは日常茶飯事です。ビーチロックハウスを閉店してB69の猫はどうする?どこにいるか?今も気にしています。B69の猫を見守ってください。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-03 20:51

飛騨高山のお坊さん

前から行きたい岐阜県の飛騨高山市へ行きました。小京都とも呼ばれ、長い歴史と文化の香りにつつまれた町と古い民家が軒を連ねる町並みを見学しました。
f0005192_0265997.jpg

寺町の中心にある天照寺へ行って突然お坊さんと出会って、天照寺で泊まらせて頂きました。寺の中身はいい香りが気持ちが良くて寝ることができました。天照寺に感謝しております。又遊びに行きます。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-02 00:28
ロックウェルズで出会った人は「もうすぐ結婚します。もうすぐ恋人の時代が終わります。これから二人の生活を出発が始まります。励ましの言葉を書けませんか?」とリクエストされました。私の離婚したことを思い出しなくないように一生懸命に言葉を考えながら励ましの文を書きました。
f0005192_0173155.jpg

出来上がった作品を彼女に渡しました。たくさん感謝の気持ちがあり「ありがとう。がんばります。」と言いながら、とめどなく出てくる涙をみました。私は「両親に いままで育ててもらってありがとう の気持ちを込めたものなら何でもいいと思います。言葉を書きますか?」と彼女にいいました。彼女は「お願いいたします。」 
また泣きました。かなりの泣き虫です。もらい泣きもしました。私も再婚出来ればいいなーと思ってがんばろうと思いました。もらい泣きをありがとう。これから幸せにがんばってください。
[PR]
by muyukobo6969 | 2005-12-02 00:19